起業当初で一番大事な事、これが上手く行かないと潰れます

イベント会社を東京で運営している知人に刺激され、私は起業してコンサルタントをしています。起業してコンサルタントというと、カッコイイと思うかもしれませんが、内情は儲かっていなくても苦しいです。

毎日営業をしたり、セミナー講師の枠を探してセミナーをしたりなど、集客に追われており、正直、コンサルタントとしての仕事はほとんどしていないのが実情です。よく会社は起業して5年後に80%、10年後に90%以上が倒産すると言われていますが、それを実感する毎日です。

 

その理由を実体験を基に私なりに考えてみると、ズバリ集客です。起業当初は売上が全然立ちません。何かスキルがあったり、在職時に大きな実績を残したり、ビジネスプランを持ったりして、起業すると思います。

 

しかし、実際に起業してみると、そんなこと関係ありません。私はコンサルタントの知識と経験には自信があります。しかし、それよりも何よりも、まず客が集まりません。客が集まらないのには、色々な理由があると思います。信用が無い、人脈が無いなどなど、色々考えられますが、もっと別の理由があると思います。

 

それは、集客や営業の方法を知らないということです。多くの人は自分のスキルや経験を活かして起業します。しかし、営業の経験はありません。しかし、起業したら、自分で集客して営業しなければなりません。良い物を出せば売れるという時代ではないので、集客や営業のスキルは大切です。

 

私は集客と営業のスキルが無いので、現在苦労しています。もしあなたが起業するのであれば、集客と営業をスキルと経験をしっかりと身に付けておくか、集客や営業が得意な人を雇いましょう。